クリシュナ神のおひざもとでヒンドゥ神話について考える。

マトゥラー旅雑談です。


a0315418_16094837.jpg

マトゥラーでは、歩いているとよく
ハレクリシュナ、と声をかけられました。

マトゥラーという地に目が向いたのは
映画のロケ地であったことが発端でしたが、
調べるうちに、ヒンドウ教の聖地であること、
正確にはクリシュナ信仰が最もさかんな場所
であることに対する興味の方が
大きくなっていったことは以前書きました

なけなしの知識から説明をしますと、クリシュナは、
ヒンドウ教の三大神の一人ヴィシュヌの化身です。

三大神と書きましたが、
創造神ブラフマー、破壊神シヴァ、維持神ヴィシュヌ、
このうちブラフマーは、一般的な宗教概念からすると
何しろ万物を作り給うた神さまなわけですから
他より抜きんでた最最高神的位置づけなんじゃないの?
と思いたくなるんですけど、実際そう思っていたんですけど

ブラフマーさん、
ヴィシュヌさんのおへそからお生まれになったそうで、
ん?万物の創造神なのに?という
卵が先か鶏が先か的みたいな人間界レベルの疑問を
神様に適用してはいけないのでしょうきっと(そうなの?

ともかく、

ヴィシュヌから生まれたせいなのか
イマイチ華がある神話がないせいなのか、
なんとなく影が薄いというか、
三大神構成といいながら、
実際はシヴァとヴィシュヌの双頭性、
インドで人気を二分しているのは
このおふたかたのようです。

ですが、シヴァ神も実は
ヴィシュヌのおへそから生まれたブラフマーのひたいから生まれた
という話もあるようですし(ややこし)、

多数の化身(アヴァターラ)を抱えるという点でも
身を変えてなんでも自由自在なわけで、
一歩他の神様より抜きんでているのは
もしかしたらヴィシュヌになるのかな、

や、でも、
ブラフマーやヴィシュヌを生んだのはこの俺様
とシヴァが言い張っているという話もあるようだし、
そのへんもう頭こんがらがってくるので
やはりシヴァとヴィシュヌは
互角というところでまとめたいと思います。

わたし的にはヴィシュヌは草食文化系生徒会長、
シヴァはちょい悪肉食体育会系って感じですかね。

結局あんたシヴァとヴィシュヌどっち好きなん?
と聞かれればヴィシュヌ派と答える用意がありますけど
けど、シヴァのあらぶり具合絶倫具合も
こまったひともとい神だな
ワイルドですてき・・・ともちょっと思ってて、
パールヴァテイ先輩に一途なとこも悪くないし
どうしよーえらべなーい、

などという後輩ファン目線で
ヒンドウ教の神様について語るのはどうなの自分、
という気がしてきたのでもうだまります。
(実はこのへん書いているうちに
筆が暴走したので半分くらい消した)

以上は、
現時点でのなけなしぶり半端ない知識からの
勝手な自分解釈による説明になりますので、
うっかり興味がわいてしまったという方は
ご自分でちゃんとした資料にあたってくださいね。

ちなみに私が、行く前に読んでいたのは以下の2冊です。

インド神話入門 (とんぼの本)

長谷川 明/新潮社

undefined


インド神話―マハーバーラタの神々 (ちくま学芸文庫)

上村 勝彦/筑摩書房

undefined


前者は、どんな神がいて、その妻は誰で、
どんな神器を持っていて、どんな背景神話があるのか、
などがひととおりわかるようになっていますし、
インドを旅すればよく目にすることになる
劇画調の絵もふんだんに盛り込まれているので、
神様のビジュアルとセットで頭に入ってきやすい内容、

後者は、ヴィシュヌやシヴァが台頭する前の
ヴェーダ神話についても詳しく載っており、
リグ・ヴェーダの頃は単に
目立たない神様のひとりであったヴィシュヌが
その後のヒンドウ神話で最高神扱いになった経緯など
長い歴史の中で形をかえる神話の性質も見てとれて
たいへん興味深いですし
(ちなみにリグ・ヴェーダでの最高神はインドラ)
後半はヴィシュヌ神話とそのアヴァターラについて
中でもその筆頭化身であるクリシュナ神について
けっこうなページを割いて説明していますので
マトゥラーに行く前に読んでおいてよかったと思いました。

で、そのクリシュナ。

筆頭化身と書きましたが
ヴィシュヌのアヴァターラの中でも
その存在は本当に別格のよう。
というか神格としてはヴィシュヌと同格?

ヒンドゥ界の光源氏とでも呼びたいような美貌ともてぶり、
英雄として数々の魅力的な(ある意味自由すぎる)物語から、
人好き要素満載な神さま。

マトゥラーにいた2泊3日の間でも、
ここの人々に愛されているのだなあ
と感じることが折に触れてありました。

愛されているというか根付いているというか
ここはクリシュナのお膝元であるということが
容易に感じ取れる町。

私も、上記2冊でヒンドゥ神話への興味が
ほどよくあたたまったころに、
クリシュナの聖地に行く流れになり、

そうなると、読んでみたかった
クリシュナと悩める王子アルジュナの問答集
『バガヴァット・ギーター』に気持ちが向くのは
自然なことだったのかもしれず、

旅中読書用にとキンドルに落としてきていたそれを
マトゥラー入りする前に読了したばかりだったことが

ヴィシュラムガートのクリシュナ寺院前で
談笑していたおじちゃまのひとりに
ギーターは読んだことあるか、
インドの哲学は何ぞ、などと声をかけられ、
ちょっとこっちさきて座っていけ、いう誘いに
うっかり乗る気になってしまった要因かもしれません。



a0315418_17061048.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ
と、もったいぶった終わり方をしてますが、
とくにオチがある話がまってるわけではありません。
次は多分だらだらあったことかくだけ更新・・・。
(もうしわけないので先にばらす)


[PR]
# by planetsomnium | 2017-06-11 17:35 | インド旅(2015・2016)

アルジュン・カプール主演作『TEVAR』のロケ地 in Mathura

昨日、AK新作を千葉某所まで観に行き
ご満悦のトホですこんにちは。

本国公開直後に上映@日本語字幕付き。
ありがたいことです。

さて、ブログでは、そんなAK主演の
『TEVAR』ロケ地巡り更新、続きです。

a0315418_21590707.jpg
a0315418_22002212.jpg
a0315418_22002680.jpg

あの手この手を使ってモノにしようとするギャングのボスから
逃走しようとバスターミナルにくるも見つかってしまい、
髪をひっつかまれて連れて行かれようとするラディカを目撃したピントゥ。
のシーン。


場所はマトゥラーの旧バスターミナル。

マトゥラーは、『TEVAR』主舞台のアーグラーから
デリーに北上する途中にあるヒンドゥ教の聖地。

構図と色にやられて
最初に「あ、ここ行きたい」と思った
遊園地のある場所(という設定)でしたが、

その後、現地友人の話から、
遊園地は実在しない可能性大と知り、

さらに、Wikipediaなどでロケ地として
マトゥラーの名前はあがっているものの
どのシーンかは特定できず、ということで
ロケ地としての訪問は一旦あきらめ、

純粋に観光目的で立ち寄る計画だけたて、
あとは余白のままアーグラーに向かったトホであった、
というのが前回までのあらすじでした。←?

ところがですね。

ひょんなことから、
このバスターミナルのシーンが
マトゥラーだったことを知ったのです。


a0315418_22333554.jpg
a0315418_22333941.jpg

教えてくれたのはオート君でした。

「これはマトゥラーだね」。

即答でした。

ロケ地巡り交渉の際に、スマホに取り込んでいた
各シーンの画像を見せながらこことここと・・を
巡りたいのだけど全部で幾ら?という
交渉の仕方をしていたのですが、そらもうあっさり。

さすがオートリキシャワーラーというか、
でもマトゥラーとアーグラーは少なくとも
車で1時間は離れているし管轄とかないのだろうか、

それともドライバーなら常識的に知っていることなのか、
だからどの人に聞いてもこの情報がゲットできたのか、

そのへんは定かではないのですがともかく、

デリ―出身、ゴア在住、現在はアーグラーで
ワーラーとして生計を立てているけど
このままじゃ終わらない野望ありのオート君、  ←その情報必要?

行きたかったロケ地の1つや2つはずそうが
気づいたら映画おごる羽目になっていようが

正直なところ、ここを教えてくれただけで
わたしにとってはもう大満足、キミ当たり、
400ルピー?映画代?全然出す出す、
という気分だったのでした。

まあそれ、実際にここ来たあとに思ったことなんで
オート君は知るよしもないわけですけど。

a0315418_22334470.jpg
a0315418_22334879.jpg
ラディカがチケットを買おうとしていたブース。

旧という名からもわかる通り、
新バスターミナルは別の場所にあります。
ここは、ブースも閉まっているし、
現在使われている気配なし。

a0315418_22335277.jpg
a0315418_22340140.jpg
ピントゥがリキシャから降り立ったあたり?

バスが停まっているのが見えますが、乗り込む人はおらず、
ここから発車するというわけではないようでした。
どちらかというと人々の憩いの場と化している感じ。

a0315418_22340543.jpg
a0315418_22340999.jpg
マトゥラーは、ヤムナー川沿いにあるヴィシュラムガートや寺院、
ホーリーゲート周辺が観光拠点となっている小さい町なのですが、
私は、滞在中、ヤムナー川沿いでおそらく唯一の安宿
アーグラーホテルに泊まっており、このバスターミナルまでは、
そこからオーナーに書いてもらった地図を頼りに、歩いていきました。
宿から20分弱くらい。復路はサイクルリキシャで40RP。

a0315418_22341471.jpg
a0315418_22341913.jpg
現場にはこんなひょうげたおじさんもいました。

a0315418_22342795.jpg
クリケットをしている子供達も。

a0315418_22343156.jpg
あーもう、なんかかわいいなあ・・・。

a0315418_22343498.jpg
撮ってと言ってきたのはボーイズでしたが
カメラを意識して中々動こうとしないので、
プレイ!とかラン!ラン!と声をかけると、
ようやく試合を始めました。

a0315418_22343839.jpg
a0315418_22344778.jpg
a0315418_22344334.jpg
a0315418_22345125.jpg
a0315418_22345595.jpg
a0315418_22350248.jpg
a0315418_22350704.jpg
a0315418_22345889.jpg

ここは、にわかに判明した場所でしたし、
けして行きたいロケ地の優先順位の
上位にあったわけではないのですが、
自分の足で向かい、目が現場をとらえた瞬間に
「あ!ここ!」と沸き立つという
例のロケ地発見醍醐味が発動した場所でした。

マトウラという町自体に、到着後数時間で既に
この街、好きだな、という感触を得ていたために
よけいそれが後押しされたのかもしれません。

移動する旅を続けているとよく感じることなのですが、
親和性を感じる場所、逆に反発を感じる場所って確かにあって、
反発を感じる場所では歯車が狂い続けたりもするけれど
親和性のある場所では、必要な人と出会って
必要な情報が得られたり、その人の人生が垣間見られたりする。

オートくんが教えてくれてここにたどり着くまでの
アーグラーからの流れも、たいした冒険ではないけれど、
自分的には、ふんふん、なるほどね、と
宝の地図をたどるような小さい興奮を覚えていたのでした。



最後に映画の話に戻りまして。

a0315418_21585961.jpg
AKでなく、この俳優さん
マノージ・バージパーイについて。

インド映画ファンの方々の間では
知名度のある俳優さんのようなんですが
私が知ったのはこのTEVARが初めてで、

この映画の役どころがまあちんけに悪どいというか、
容貌や目つきが助平おやじそのものというか、
この人が敵役って・・・
他にもっといい俳優さんいなかったの?
くらいに思っていたんですけど、つまり
たいした俳優さんと思っていなかったんですけど、

昨年のIFFJで『アリーガルの夜明け』
という映画を観たあとに土下座したくなりました。

同性愛が禁じられたインド社会で、
その疑惑から職を失う大学教授を演じていたのですけど
その静かな抑制のきいた深い演技に泣かされた俳優と、
ピントゥに半パン姿にされて黄昏がれていた
ぱっつん前髪のおっさんが同一人物だとわかった時には
顎が落ちそうになりました。鳥肌たった。まじで。

俳優ってすごい。
こういうヘンゲがみられたりもするから
映画って本当にやめられません。




さて、思いのほか長くなった
『TEVAR』ロケ地更新もこれにて終了です。

インド映画ロケ地巡りとしての更新も
ひとまずこれにて終了です。

インド旅ネタでの更新はあと少し続きます。



にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ
2日前、臨月でばりばり働いている友人に会いに行ったのですが、
昨晩、破水したから今病院って連絡きて、
今朝起きたら、もう生まれたお腹すいて眠れない
という連絡が来ていて、ライブ感はんぱないなと思いました。
いやーでもめでたい。

ここを近況書く場所と勘違いしているらしい某ブログ主。





[PR]
# by planetsomnium | 2017-05-22 19:31 | その他のロケ地-アジア

海外の映画館で映画をみる。シリーズその2(インド)


a0315418_23594788.jpg

更新頻度が下がっているようにみえますが気のせいですトホですこんにちは。


インド映画『TEVAR』ロケ地更新の途中ですが
ちょっと脱線して、海外の映画館で映画を見るシリーズ。

そんなシリーズあったっけ。
ありました。今シリーズ化しました。
その1はこちら

その1ではおずおずとした態度で臨んだ
初インド映画館体験でしたが、
2016年夏の(現在更新中の)旅では、すでにして
インド映画脳内阿波踊り真っ最中だったこともあり
ロケ地巡りと並んで、映画館での映画観賞も
旅の主要テーマに格上げとなっていました。

ただあくまでロケ地巡りが主体なので、
観られたら観るというゆるい態度、

しかし、ゆるいながら、映画館に行くまで下調べはせず、
次の上映時間の映画を問答無用で観る、
のだけど複数選択肢があればその中からの選択は可、
というなんだかよくわからないマイルールも設定し、
そんな中観たのは3本。うち2本はデリーでした。

a0315418_23591866.jpg


1回目はコンノートプレイスにあるオデオンシネマで
サルマン・カーン主演の『Sultan』という
格闘技選手の栄光、挫折、再生の物語、
括りはドラマになるのかな、を観ました。

鑑賞料は290ルピー。



そんなに複雑なストーリーではなかったのですが、
字幕なしですし、筋はわかったようなないような、
順調だったレスリング人生が暗転した理由が
よく飲み込めておらず、
あとで人に聞いてそうだったのかあ; ;と。
後半、ぐっとくる場面はありましたし、
よいドラマということは伝わってくるので
これは最初から字幕つきでしっかり観たかった、
と逆に思ってしまった観賞体験でした。

ちなみに『PK』ロケ地でちらっと書きましたが、
この映画でもアグラセンキバオリの階段井戸が
スルタンのトレーニング場所として出てきます。

ちなみのちなみに、オデオンシネマですが、
PKロケ地コンノート・プレイス編で書いた
ジャグー姉さんが、シク教徒のおじいさんが
入っていったホテルを眺めているシーン、
ジャグー姉さん演じるアヌシュカ・シャルマの目に
実際に写っているのは位置的にこの映画館と思われます。





さて、デリーの残りの一本は、
コンノートプレイス近くのリヴォリ・シネマで観た
ジョン・エイブラハム&ヴァルン・ダワン主演の
アクション映画『Dishoom』でした。

鑑賞料は275ルピー。




こっちはアクションだしまだわかりやすかったかな。
イケメン2人のバデイものですし、笑いもあるし、
次々起こる出来事に身をまかせていればよかったので
字幕なしでもまあなんとか・・・

とはいえ、やはり筋追えてない部分はありましたし、

実はインド入国前に滞在していたフランスとセルビアでも、
映画館で映画を観るシリーズを地道に敢行していたのですが、

一部英語字幕付きだったセルビアはまだしも、
フランスなんてフランス語一辺倒(あたりまえ)、
しかも会話劇、登場人物がまあ家から出ず、
移り変わっていくのはおいしそうな料理やデザートやチーズのみ、

といった経緯を経たあとの旅最後の観賞であったこのDishoomで、
さすがに字幕ないのつれ~~となっていたことをここに記しておきます。




閑話休題。

インドでの観賞のうち2本めはアーグラーで観ました。

アーグラーで観る予定はなかったのですが、
『TEVAR』ロケ地巡りを頼んだオートリキシャ青年
勧めで観ることになりました。

勧めというか、まかせとけノリで連れていってくれた
「壁」場所に対する私の反応が悪かったのを気にしてか、
「満足したら400ルピー、そうでなければ350ルピー」
という交渉を気にしてかはともかく、
幾つか代替案を出してきた中の1つでした。

映画、いいね。というわけで古びた映画館へ。

で・・・なぜか一緒に観ることになりました。
上映時間まで、おごってもらったチャイで時間をつぶし、
一人で観るつもりで入ったらついてきたのでまあいいか、と。

こ、このへん、インド旅学級委員長にまた
帰りの会でダメ出しされそうな気満々ですが(また?)、
なかなかええやつだったんですよ、とか、
ゴアにいたことがあってロシア人に目をかけてもらったけど
すぐ草すすめてくるから困って逃げてきたみたいな、
なにそのリアルゴーゴアゴーンの世界は、みたいな話を
目の前にその手のはっぱがいっぱい生えているところで
聞いたりしておもしろかったんだとか(煙草以外興味ないそう)、
インド旅における女子的な危機管理に関しては、
私いい加減トウたってますのでそのへんの心配は
マイナス20度くらいで考えてくだされば、とか、
とはいえ問題なしと判断してであったとかいう
弁明もめんどくさいですし、←めっさしとるがな
基本的には学級委員長の言う通りです気をつけましょう、
と賛同の意だけ表して先に進みます。


a0315418_00001872.jpg
a0315418_00004748.jpg


鑑賞料は60ルピー。
プラス、オート君の分50ルピー(笑。

金額からもおわかりかと思いますが、
デリーのシネコンとはまったく違う
町の古いさびれた映画館といった趣き。

マイルールにしたがってなんでも観るつもりでいたのですが、
なんでも観るつもりでいたゆえに何を観るのかろくに確認もせず、

シアター前に数枚貼ってあったポスターの中に
ラブコメっぽい映画があったので
勝手にそれだと思いこんでいたのですが、

上映が始まり、流れ始めたのは
みるからに古い映画でした。

「ぼく古い映画が好きで(てへぺろ)」。

あんたがみたかったんかーい。

まあいい。

ガンガー(ガンジス川)の話らしく、
オープニングの音楽が流れている間に
実際のガンガーの様子が映し出されるのですが、
汚れており(それがストーリーに関係してくる)
その中には明らかに本物の人の死体と
思われるものも流れていたりして、
さすが、といっていいのか、
古いというのはあるだろうけど
あらためてインド映画すごいな・・・
と思っているうちに本筋に突入、

なんらかの権力者の裕福な一族の祖母の重い病気を治すため
孫の男性がガンガー源泉の水を取りにいく北部への旅に出て、
出会った娘と恋に落ちるが身分の違いで結婚は認められず・・・
というありがちといえばありがちな内容を、
隣の解説者の助けを借りながら観終わりました。

古いインド映画に馴染みが薄いというのはあったし、
最後までなんだか重く救いがない話だったので、
これもひとつの観賞経験ということでまとめて、
その後特に思い出すこともなかったのですが、

帰国後、意外な再会が待っていました。

昨年秋のインディアン・フィルム・フェスティバル(IFFJ)で観た
『カプール家の家族写真(Kapoor & Sons)』。



IFFJのサイトからあらすじを拝借すると

「祖父危篤の知らせで久々に故郷のクヌールに戻ったラーフルとアルジュンの兄弟。どこかぎこちない二人の関係は、不思議な雰囲気を持つ女性ティアが現れいっそう複雑に。一命をとりとめた祖父はバラバラになってしまった「カプール家」が再び一つになることを願うが・・・。」

その中で(この先内容に触れています)
入院中のおじいちゃんが、孫から暇つぶしにと
文明の機器タブレットを渡され、
これで映画も見られるかと聞くシーンがあります。

なんでもお気に入りの映画があって、
14回(だったかな)観たシーンがあるのだという、
それは流れる滝に打たれる女優さんのシーンで、
そのシーンを、まあ、その、なんだ、おかずに使ったんだと、
そういって孫とふたり、共犯者的笑いをかわす場面。

説明長くてすみません、
お察しの通りその映画なんですが、

『汚れたガンガー(Ram Teri Ganga Maili )』
というタイトルを耳にしてもまだピンと来てなくて、
そのあと件の女優さん(マンダキニ)の
白い布をまとった看板が登場するにあたって
ようやく、あの映画やん!!!!!!と。

そういわれれば確かにそのシーンね。
エロかったです。

え、インド映画的に
そのぽっち(コラ)ありなん?とか
布で隠していればセーフってこと?
いやいやむしろ・・・ですぜ?
くらいのことは思った気がする。。


という若干複雑な再会ではありましたが、

『カプール家の家族写真』に関しては、
それを看板にして見事に笑えるツールにし、さらに
しみじみする方向にまで持っていってしまうのだから
インド映画、やっぱりうまいよなあ、

というところで、最後、海外じゃなくて
日本の映画館で観た映画の話になっとるやないの、
というつっこみをかわしたいと思います。






にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ
書きながら思ったのですが、
もしやオート君が好きだったのは古い映画ではなくてその場面・・・?


[PR]
# by planetsomnium | 2017-05-13 18:47 | インド旅(2015・2016)

旅フォト:インド・アーグラー2(ウッタル・プラデーシュ州)


a0315418_21480583.jpg

a0315418_21481065.jpg
a0315418_21482792.jpg
a0315418_21481469.jpg
a0315418_21481850.jpg
a0315418_21482221.jpg
a0315418_21483408.jpg
a0315418_21485718.jpg
a0315418_21484002.jpg
a0315418_21484699.jpg
a0315418_21485151.jpg
a0315418_21490675.jpg
a0315418_21490100.jpg
a0315418_21491160.jpg
a0315418_21491544.jpg
a0315418_21491999.jpg
a0315418_21492459.jpg
a0315418_21492844.jpg
a0315418_21493454.jpg
a0315418_21494047.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ
タージ・マハルの裏側には緑の豊かな庭園があり、
アーグラーで訪れた中でそこだけ別格に静かな場所でした。
連れてきてくれたおっちゃん(通りで会った人)は、
毎朝そこでヨガをしているといっていました。
タージ・マハルの壁、ヤムナー川、咲いている花、
いろいろ説明してくれたあと、ついでのように
日本人のヨメがほしい、と言いました。
おっちゃん、おしいな。それなかったらな。
ひそかに思っていると、
庭園を出てすぐの建物に、じゃぼくんちここなんで、
とさらっと帰っていきました。ただのいい人でした。
逆になんだったんだヨメ発言は。


[PR]
# by planetsomnium | 2017-04-23 22:41 | インド旅(2015・2016)

旅フォト:インド・アーグラー1(ウッタル・プラデーシュ州)


(4/23 タイトル修正しました)


サイレント・ムービーモードでお送りします。
タージ・マハル周辺。ロケ地のことを忘れて
撮りまくっていたあれやそれ。

a0315418_23015709.jpg
a0315418_23020115.jpg
a0315418_23020614.jpg
a0315418_23021012.jpg
a0315418_23021673.jpg
a0315418_23022137.jpg
a0315418_23022549.jpg
a0315418_23022896.jpg
a0315418_23023218.jpg
a0315418_23023749.jpg
a0315418_23024272.jpg
a0315418_23024983.jpg
a0315418_23025344.jpg
a0315418_23025704.jpg
a0315418_23030462.jpg
a0315418_23030791.jpg
a0315418_23031244.jpg
a0315418_23031527.jpg
a0315418_23031982.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ
放置観覧車。




[PR]
# by planetsomnium | 2017-04-22 23:23 | インド旅(2015・2016)


海外映画ロケ地巡り。

Profile

コードネーム:トホ/徒歩

2013年夏のCB作品ロケ地巡りをかわきりに、海外映画の舞台で時に妄想、時に迷走してきた記録。行き先も映画もかたよってます。CBファン。 
CBって?→CBとは/ CBについて
ネタバレ注意。→ネタバレ宣言

2014年8月に世界一周紀行本を出版しました。
a0315418_723126.jpg
『それでも地球をまわってる』
音羽徒歩著 イカロス出版



************
ご用の方はこちら
************
旅と映画のお仕事をうっかりくださるという方、大歓迎です。ご連絡お待ちしています!


ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加しています。

カテゴリ

Index
前口上
おしらせ
CBロケ地-バットマンビギンズ
CBロケ地-ダークナイト
CBロケ地-ダークナイトライジング
CBロケ地-ニューワールド
CBロケ地-太陽の帝国
CBロケ地-ベルベットゴールドマイン
CBロケ地-コレリ大尉のマンドリン
CBロケ地-コーンウォールの森へ
CBロケ地-メトロランド
CBロケ地-マシニスト
落下の王国ロケ地
その他のロケ地-アジア
その他のロケ地-ヨーロッパ
その他のロケ地-その他の地域
旅/ロケ地データ
インド旅(2015・2016)
雑談-映画寄り
雑談-旅寄り

タグ

(82)
(54)
(45)
(35)
(24)
(22)
(20)
(19)
(17)
(13)
(12)
(11)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)

記事ランキング

最新の記事

クリシュナ神のおひざもとでヒ..
at 2017-06-11 17:35
アルジュン・カプール主演作『..
at 2017-05-22 19:31
海外の映画館で映画をみる。シ..
at 2017-05-13 18:47
旅フォト:インド・アーグラー..
at 2017-04-23 22:41
旅フォト:インド・アーグラー..
at 2017-04-22 23:23
インド映画『TEVAR』のせ..
at 2017-04-16 18:51
しつこくアルジュン・カプール..
at 2017-04-04 19:46
アルジュン・カプール主演作『..
at 2017-04-03 19:31
今月から復活します。
at 2017-04-01 11:09
インド映画『TEVAR』は主..
at 2017-03-05 19:24

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

検索

ブログジャンル

映画
旅行・お出かけ

ライフログ

翻訳


by トホ

プロフィールを見る